旧三崎町の集落  (H26)

 三崎町には14の地区があります。佐田岬の集落はおおよそ密集した集落を形づくっており、三崎にもこれは当てはまります。ただ、正野地区だけは地域に人家が点在しています。このページでは、これらの地域について調べたことをまとめてみます。  <資料整理中!>


<神松名地区>・・・旧神松名村にあった二名津を中心とする6地区
   釜木地区 ・・・・・・ 釜木湾の奥の海辺から山麓に広がる集落
   平礒地区 ・・・・・・ 模範的な晩柑栽培がすすむ働き者の集落
   二名津地区 ・・・ 小中学校のある神松名地域の中心集落
   名取地区 ・・・・・・ 宮城県名取の人が移り住んだ展望の集落
   明神地区 ・・・・・・ 大明神(竜王)が祀られている寺を挟む石垣の美しい2つの集落
   松地区 ・・・・・・・・・ 晩柑の父宇都宮誠集生誕の海岸段丘上の集落

<三崎地区>・・・三崎を中心とする地域 (広いため三つに分けて記述 : 町名と同じだったため地元の人は本三崎とも呼ぶ)
   東地区 ・・・・・・・・ 今の行政・文教の中心 庁舎、町民体育館、小・中・高校、郵便局、傳宗寺がある (秋祭りでは牛鬼:赤色 )
   西地区 ・・・・・・・・ 昔の三崎の中心から西、公民館、医院、フェリー港、交番、保健センターがある (秋祭りでは四つ太鼓:黄色)
   サザエ碆・灘地区 ・・ 西地区よりさらに西、日当たりのよい南向きの傾斜にある集落

<南部地区>・・・南部の半島の北(三崎湾)に点在する4地区
   高浦地区 ・・・・・・ 銅鉱山で栄えた海辺の集落
   佐田地区 ・・・・・・ 三崎でも最も早く開け御番所があった、佐田岬の名の由来となった集落
   大佐田地区 ・・・・ 美しい船蔵の並ぶ、白鯨の民俗資料館のある集落
   井野浦地区 ・・・・ ムーンビーチ・阿弥陀池等見所も多い集落

<西部地区>・・・半島最西部の漁業の盛んな3地区
   与侈地区 ・・・・・・ 昔、松の人が移り住んだという漁師の集落
   串地区 ・・・・・・・・ 段丘上の海士師(あまし)の集落
   正野地区 ・・・・・・ 地域全体に人家が点在する四国最西端の集落


    このページに関する質問や意見はこちらまで..